コロナ禍で株を始めるときの注意点【リスクヘッジ】

コロナ禍

コロナ禍による株式市場への初期の影響

これから株式投資を始めようという場合に、新型コロナウイルスの影響を無視することはできません。コロナ禍による株式市場への影響は大きく、蔓延が始まった初期からかなり株価が不安定になって投資リスクが高くなりました。特に各国で緊急事態宣言が発令され、出入国の制限が実施されるようになってからは人と物の出入りが少なくなり、消費活動も低迷した関係でサービス業を中心として株価の低下が顕著に見られました。消費活動の低迷は製造業への影響も大きく、実績の低下に伴う株価の下落が起こったのが実態です。特に資源の生産国ではない日本では物流の停滞が引き起こした原料不足による製造業の生産低下は大きな影響がありました。しかし、新型コロナウイルスの流行が短期的に収束する見込みがないという認識が広まってからは株式市場にも変化が生まれてきています。

ウィズコロナによる株式市場の新たな動向

ウィズコロナの考え方が広まってからは、コロナ対策に関連する事業に取り組む企業の株価が上昇する傾向が生まれました。消費活動の低迷は続いている影響で観光産業などは株価が下がったままですが、新型コロナウイルスの感染患者の収容場所を提供した企業のように、コロナ対策に貢献したケースでは株価の一時的な上昇が見られています。

また、ワクチンや治療薬の開発に取り組む企業の株価もその期待度に応じた上昇を起こしています。さらに、コロナ禍での生活やビジネスではリモートでのやり取りが増加している影響で、クラウドサービスなどでリモートワークや在宅での活動を支えるサービスを開発・提供する企業の人気が上昇しています。このような形で、コロナ対策に積極的な取り組みをしているかどうかが株価に大きな影響を及ぼすようになっているのが現状です。

リスクヘッジを考えた株式投資の始め方のコツ

初心者にとってコロナ禍での株式投資の開始はプラスにもマイナスにも働きます。新たなコロナ対策の取り組みの宣言があったり、対策になる物やサービスが開発されたりすると株価が上がるというわかりやすい時期なのは確かです。しかし、取り組みが難航していると株価が下がり、失敗につながると株価の急落があるリスクもあります。リスクヘッジを考えて、コロナ対策を行っている異なる複数の分野の企業の株を選んで分散投資をするのが適切でしょう。

複数の分野での期待株を見つけて分散投資をすれば大きな利益を上げられる可能性を高めつつ、リスクも低減させられます。複数の分野にまたがる情報収集は負担も大きいことから、投資顧問会社を利用して有力株の選定のサポートを受けるなど、工夫をして投資を始めるのが無難です。

関連記事はこちら
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード